日々利用するビルの電気代は省エネ対策で解決できる

メンズ

業者を使う

模型

メリットはどこにあるのか

ビルを所有している経営者からすると、日々の電気代というのは頭を悩ませる問題で、無視しているとやがて会社の業績にも影響が出る恐れがあるので厄介です。だからといって、自分たちで省エネをするにしても限界がありますから、省エネのエキスパートを呼んで、改善の余地がないかを相談してみることをおすすめします。まずはビルの省エネを請け負っている業者のホームページを探して、自社ビルに合ったやり方をしてくれるところかを見ておきたいものです。できるだけ具体的に書いているところが望ましく、費用などが曖昧なら、契約する前に確認しておき、それでもはっきりしないならその業者は避けておくことで、余計なトラブルを招かなくて済みます。

どのようなところがあるか

どのようなビルの省エネ対策をするのかに関わらず、一律の料金を支払うところもあれば、対策をするたびに請求される場合も少なくありません。ただ、これらのやり方は、場合によっては予想しているよりも高額になってしまうため、不安ならビルの省エネの成果によって、金額が決まる方法を採用している業者にお願いしてみるという方法があります。これは前年度や前月と比較して、浮いた金額の何パーセントかを払うというシステムで、省エネができなけば無料になるというものです。いずれを選択するにしても、ビルの省エネは非常に複雑な作業になりますから、口頭での説明だけでなく、計画書などを提出してもらい、役員たちと検討しておくのが良いです。

開業への最重要ポイント

スーツの男女

店の開業を目指す人にとって、資金や立地選定などの困難を乗り越えた後の店舗デザインはむしろ楽しい作業です。店を成功に導くためには、それぞれの分野を得意とするデザイン事務所に店舗設計を依頼するのが望ましいといえます。3Dソフトを使って作成した完成予想図で店舗デザインを比較する方法も行われています。

詳しく読む

売上を上げる第一歩

お店

サービス業では店舗デザインによって心理的に入りやすいお店とそうでないお店があります。客足が伸び悩んでいるお店の法人担当者の方は心理的に入りやすいお店を研究して店舗デザインの変更を考えてみると良いでしょう。

詳しく読む

法人の相談役

ヘルメットを持つ人

鈴木貞一郎氏はグローブシップ株式会社の相談役です。この会社は主に建物の管理を事業として行っています。ビルの管理からマンションの管理まで幅広い建物の管理を行っている会社で、この会社の事業を鈴木貞一郎氏は相談役としてサポートしています。

詳しく読む